「神田沙也加の披露宴」に不仲説の母松田聖子は出席するのか?!

国内

「神田沙也加の披露宴」に不仲説の母松田聖子は出席するのか?!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

神田沙也加と12歳年上の村田充が26日、お互いにインスタグラム、ブログを通じて結婚することを報告しました。結婚の報告よりも話題になっているのが、沙也加の父親である神田正輝をふくめた3ショットの掲載で、母親である松田聖子の姿がありません。そのうえ今もなお娘神田沙也加の結婚についてのコメントもなことです。

沙也加5・13“披露宴” 結婚発表、聖子不在の3ショット公開

26日付のスポニチ本紙で結婚を報じた女優の神田沙也加(30)が同日、自身のインスタグラムで報道通り、9歳年上の俳優、村田充(みつ、39)と結婚することを発表した。関係者によると、来月13日に都内で結婚パーティーを催す。神田正輝(66)と松田聖子(55)の長女として生まれた沙也加は、父と村田との和やかなスリーショット写真を公開した。

沙也加はインスタグラムで「一部報道にありましたように、わたくし神田沙也加は村田充さんと結婚いたします」と書き込み。お相手の村田もブログで結婚を認め「共に支え合い、充実した日々を過ごしたいと願っております」とつづった。

 村田は都内で上演中の出演舞台「破壊ランナー」の稽古前に報道陣に応対。冷静な表情で「また進展がありましたら正式にご報告させていただければ。(沙也加は)凄く温かくて、繊細な方です」と話した。

 本紙の取材では、5月13日に都内で結婚パーティーを開催する。親しい知人は「本当に幸せそうです。その時期に婚姻届を出すのでは」と話している。

 周囲によると、村田は落ち着きがあり誠実な人柄。俳優業のほか、モデルとしてカリスマ的人気があったが「浮ついたところもない」という。現在は、舞台俳優としての活動がメインで「一度仕事をした相手が何度も起用するケースが多く、信頼されている」。多彩な活躍をしながらも、DJ活動を自身の根幹に据えており、「音楽への志向が強い沙也加と共鳴する部分が大きいのでは」と話す音楽関係者もいる。

 昨年夏の舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」で出会い、交際約8カ月の運命の人は、沙也加にとって聖子からの完全な親離れも意味する。01年にデビューするも伸び悩み、何度も“親の七光”の重圧に苦しんだ。関係はギクシャクし、04年には家を飛び出して絶縁状態となったこともある。聖子が決めた芸名「SAYAKA」を捨て本名で活動することを決意し、14年に「アナと雪の女王」でブレーク。母の手を借りずに成功をつかんだ中で、来月1日には母の事務所からも独立する。

 そしてこの日、最愛の存在である娘の門出を祝福するコメントは聖子から出なかった。そのことについて所属レコード会社は「聖子さんサイドと連絡がつかなかった」と説明した。沙也加がインスタグラムに上げた写真は正輝と最愛の人と腕を組み、満面の笑みを浮かべるスリーショット。そこにはかつて“一卵性親子”と言われた聖子の姿はなかった。

出典 http://

【完全版】神田沙也加 「アナと雪の女王」生歌「生まれてはじめて」を熱唱!

2014年 ディズニー映画『アナと雪の女王』で、その演技力や歌唱力にスポットライトが当たり、大ブレークが起こりました。それまでは親の七光りといわれて、とてもつらい思いをしてきました。

しかし、母親である松田聖子の事を次のように語っています。

「いつでも正確に歌えて、発声せずに出ていってあれだけ歌えるのを見て、人間ってああいうふうにだれでも歌えると思ってた」

母親松田聖子を『天才型』といい、自分はちゃんと訓練して努力しないとああいう風にはなれない」と感じ、「絶望した」という。

そのうえ、声にコンプレックスもあって、歌にも自信がないので、人の何倍もやってそれでも人以下と思っているそうです

歌手としての母の歌唱力は高く評価しているにもかかわらず、神田沙也加は幼少の時、とても複雑な家庭環境で育ちます。

1985年に神田正輝と松田聖子が結婚、『聖輝結婚』といわれ、世間の注目を浴びました。翌年には神田沙也加が生まれ、幸せな結婚生活が約束されていると思いきや

野心の強い松田聖子はアメリカ進出を狙い、頻繁に渡米するようになります。
その間、沙也加の面倒を見ていたのは、神田正輝だったとか。
(また一説によると、神田正輝の浮気に耐えかねて、松田聖子が家を空けるようになったとも。。。真実は明らかではありません)

そしてついには夫婦のすれ違いから離婚となります。

この時神田沙也加は11歳
松田聖子の祖父母の元で育てられることになりました。
本来なら中高一貫の学校へ進学する予定が、松田聖子のアメリカ進出が本格的に決まり、私立の学校の寮に入りました。

そこで待っていたのが。。。。

『いじめ』です

’01年、中3の春にSAYAKAの名でデビューしたとき、彼女はまさに「親の七光り」だった。’02年のCDデビュー曲『ever since』は20万枚売れたが、プロモーションに10億円かかったといわれるわりにはあまり大成しなかった。娘にとって母の操り人形でいることは楽しくなかった。デビューがうまくいかないと、母は留学を勧めた。

「当時、聖子さんは娘の人生を仕切り直そうと、卒業後は米バークリー音楽学園に留学させたがっていた。反抗した沙也加さんはこのまま日本で仕事をしたいと、自らミュージカルのオーディションを受けに行った」(芸能関係者)

 それが宮本亜門演出の『INTO THE WOOD』(’04年)だった。宮本亜門には「あなたはあなたでいいんだ」と言われたという。奇しくも『アナと雪の女王』と同じメッセージを、沙也加は10年前にもらっていた。

 高校を卒業するとひとり暮らしを始め、12歳年上の離婚歴のあるギタリストと交際した。心配した聖子と大ゲンカし、近隣住民から警察を呼ばれた、との報道もあった。沙也加が出した結論は休養だった。’05年から1年半休んで、ニューヨークやロンドンで舞台を観て学んだ。

「活動休止中に出した結論が、母・松田聖子とは違う道を歩むということでした。以後、彼女はミュージカルや舞台を中心に活動していきます」(芸能ジャーナリスト・二田一比古)

 勝手な休養に聖子は激怒した。

「給料を凍結して月20万円の生活費を渡さず、沙也加は毎日カップ焼きそばで過ごした時期もあった。それでも、宮本亜門と出会った感激が、舞台の勉強を選ばせた」(前出の芸能関係者)

 ’06年12月、舞台『紫式部ものがたり』で復帰。母が決めた芸名”SAYAKA”ではなく、本名の“神田沙也加”を名乗った。主役を演じることは少なくなり、メディアに出る機会は減ったが、沙也加は実力を蓄えていきました

出典 http://news.livedoor.com

やがて親族の元へ預けられ、4回も転校しなくてはならなくなった神田沙也加はとても寂しい思いをしたことでしょう

デビューしたものの、パッとしない神田沙也加を何とかしようとする松田聖子には、常に男の影があります。
寂しい思いをしてきた神田沙也加は、歌手としてよりも母親としての松田聖子の意見は素直な気持ちでうけいれられなかったのでしょう。

だってママはつねに男の人が傍にいるけど、私は一人ぼっち。。。。

時々テレビ出演している神田沙也加を見ることがあるが、礼儀正しく、真面目で大人しい女性だと思います。

親の七光りではなく、自分の実力で勝ち取った『大ブレイク』に松田聖子は自分のプロヂュースではないことに、心穏やかではないようです。

しかも、家族経営だった事務所を辞め、元マネージャーが設立した音楽事務所に移籍した松田聖子に神田沙也加は『もうついていけない』と自分は残ったそうです。
(5月1日より神田沙也加は別の事務所に移籍しますが、そこは元家族経営事務所が別の事務所を設立したため、在籍と一緒です)

もしかすると、神田沙也加はやっと松田聖子という呪縛から解き放された開放感があるかもしれません。

結婚の報告の時、神田正輝を交えた3ショットは、その象徴ともいえると思います。

「沙也加さんの歌唱力の高さは、以前から舞台関係者やコンサートなどに行く母親の聖子さんのファンの間では知られていました。11年には『NHK紅白歌合戦』に聖子さんとともに出場してその美声を披露しましたが、当時はどうしても“はじめに聖子ありき”という印象で、沙也加さんの歌声よりも親子共演自体の演出的なインパクトの方が強かった。それに比べて今回は“はじめに歌声ありき”で、その後に『あの歌は神田沙也加が歌っているんだ!』というように素直に実力を評価されたわけですから、沙也加さんにとっては感慨深いものがあるでしょう。

出典 http://thepage.jp

結論 松田聖子は神田沙也加の結婚披露宴に出席するか?

たとえ二人の仲が現在こじれていても、心優しい神田沙也加は結婚式に招待するはずです。しかし、松田聖子を無視した今回の結婚の報告に彼女は遺憾を覚えています。松田聖子のコメントがない限り出席しないと想像します。

1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう